SSブログ
前の5件 | -

武尊山 武尊牧場キャンプ場から武尊山、田代湿原周回 [上信越]

2020年11月18日(2020年11月17日の記録)
3月と4月に武尊山に入り、5月はこのルートと思っていたらコロナ自粛。新雪に閉ざされる前に何とか実行。もっとも簡単なルートとされているので、人気のなさそな田代湿原を組み合わせ周回することにした。山頂では単独2名、2人と3人パーティー各1パーティーの7名にお会いした。

IMG_9445.JPG
登山口の武尊牧場スキー場駐車場(スキー場は廃業)は広々、これで半分。本日貸し切り

IMG_9459.JPG
標高1400mの武尊牧場キャンプ場は広々開放的でさわやかなところ

IMG_9461.JPG
登山道に入ればブナやダケカバの大木と落ち葉の癒し系(大看板の右へ進む)

IMG_9465.JPG
映画「眠る男」のロケ地の看板

IMG_9480.JPG
傾斜ゆるゆるの登山道をたくさん歩いていよいよ岩場、氷壁のように見えるが?

IMG_9487.JPG
近寄ってみれば岩が出ていて一安心。氷や雪がついていてやや緊張、4本爪しか履いてない

IMG_9491.JPG
脇の氷壁、遠目にはこれを登るのかと思ってビビっていた

IMG_9496.JPG
岩場を過ぎればすぐ稜線分岐、雪は登った東面の方が多い

IMG_9502.JPG
南面は雪が解けている

IMG_9513.JPG
突き出た岩の前に日本武尊の銅像、過ぎれば山頂は近い

IMG_9519.JPG
眺めが素晴らしい。剣ヶ峰山の背景は八ヶ岳(写真には写せず)他360度の眺望

IMG_9521.JPG
祠と中ノ岳、家ノ串山と遠く日光白根山、皇海山

IMG_9534.JPG
避難小屋上まで戻って田代湿原の道に入る。始めシラビソ林だが、やがて落ち葉の樹林帯

IMG_9538.JPG
カラカラの田代湿原

IMG_9558.JPG
腐りきった木道の花咲湿原(木が腐ってボルトだけ突き出ているので注意)

IMG_9587.JPG
林道崩壊で久しく車が入ってこない東俣駐車場を突っ切って小屋の右が登山道

IMG_9601.JPG
キャンプ場に帰還。

IMG_9597.JPG
モリアオガエルの池

IMG_9555.JPG
きのこ発見、なめたけ

先日の10月に立ち寄った「伊参スタジオ公園」の展示で知った映画「眠る男」に興味をもってビデオを見ていた。少し前に今回ルートにロケ地がある事を知ってがぜん行く気になって、雪が深くなる最後のチャンス。そこは登山道の脇だった。ロケ地を示す立て札と落ち葉に埋まりかけた水場のセットの跡がわずかにあるだけだった。映画は理解できていないが、自然の映像が実物以上に良かった。もう一度見返そうと思ったが、400円のレンタル料が必要で少し迷っている。

ブナなどの大木が多い落葉樹の原生林を、落ち葉を踏みしめて歩くのは気持ちが良かった。もう葉はすっかり落ちていて、森の奥まで光が届く。明るい森に骨格だけになった木は、それぞれの存在が明らかになって、紅葉や新緑に劣らず良かった。雪が下草や笹を隠せばさらに。ただあまりにもなだらかで長い尾根なので、雪をかき分け踏み込むエネルギーが湧いてくるだろうか。
nice!(0)  コメント(0) 

干し柿つくり

2020年11月11日 晴れ
渋柿を頂いたので干し柿にした

IMG_9435.JPG
小ぶりな種なしの渋柿、きれいな色だ

IMG_9431.JPG
皮を剥いても綺麗だ

IMG_9429.JPG
むいた皮も綺麗だ

IMG_9437.JPG
熱湯にくぐらせ結わえて干す


理想的には紐の両端にカキを結わえて逆U字に吊るすのが良い(紐がカキに触れない)が、手間なので片側5個、計10個を1本の紐に吊るす。カキは縛りやすいように枝が「T」字に残されているが、まれに枝が欠けて「I」字の物がある。これを結わえるのに「インクノット」が有効。こんなところで山のロープワークが役に立つ。

皮の剥き方はいろいろあるが、頭からくるくる回しながら円周方向に剥いてゆく。幅狭く剥のは非効率だが薄く剥けるからだ。回ってくる凹凸に追従できるようカキの表面を注視する。飽きっぽいので辛い作業だが、カキの色や形が心地よい事に気が付いてからは楽しくなった。カラッと晴れて乾燥した日が続きそうなのでおいしい干し柿になりそうだ。123個

2020年11月16日追記
今回は連日天気に恵まれてよい仕上がりだ。

IMG_9441.JPG
5日でこの状態。渋は抜けて甘くなったが、食後微量の渋さが口内に残る感じで、食感は真ん中の本来種がある部分はつるっとしまった感触、その周囲はとろっと溶けるような感触。揉んでさらに干せば本来の干し柿となるが、この状態独特の食感も捨てがたく、変化を楽しみながら食べてゆく。これが自分で作る楽しみ。最近ネットで干し柿用の渋柿が販売されているので手軽に作れる。
nice!(0)  コメント(0) 

奥むさしの里山にも秋の気配 [日和田山]

2020年11月10日 晴れ 7℃
1週間ぶりの日和田山、日の出が日々遅くなり、ヘッドランプに照らされた登山道の枯葉が秋の深まりを教えてくれる。山頂の景色は夜景、下り終えたころに明け始めた森の奥が秋色。


PB107686.JPG
節電のために視界は狭い。

PB107685.JPG
見上げれば細くなった月が輝く

PB107687.JPG
ホールド・スタンスに落ち葉が乗りスリップを誘う

PB107688.JPG
明けてきた登山口に秋の気配


秋といえばドングリ。落ちていれば拾いたくなるのが男子。磨いてみると結構綺麗。小さな友人への贈り物に笹の葉で包めばトトロの世界だが、日和田山には包めるほど大きな葉の笹は無かった。


IMG_2608.jpg
クヌギのドングリ

IMG_2607.jpg
マテバシイ?

今朝は寒かった。まもなく霜もおりそうだ。自転車に手袋とニットの帽子は欠かせない
nice!(0)  コメント(0) 

クリタケとムキタケの下処理と毒見の味噌汁

2020年11月8日

6日に採ったキノコの下処理を行い、少量を試食してみた。

★クリタケ

IMG_2569.jpg
一晩塩水に浸けたもの

IMG_2576.jpg
柄をカット。現地で土や木くずなどが付いた柄の末端(石つき)部分を取り除いてきたが、黒い変色部もカットした。

IMG_2578.jpg
空洞円柱の柄を裂いて内部に虫がいないか確認

IMG_2580.jpg
処理後。捨てる部分と食べる部分に分けた。塩水内に虫はいなかった。

食べる部分を5分ほど下茹でして、完了


★ムキタケ

IMG_2582.jpg
傘の元を割って断面を確認する。ツキヨタケには黒いしみがあるそうなので(実際にツキヨタケを手に取ってみていないのでいまいち判定できた気がしないけれど)

IMG_2585.jpg
薄皮を剥く(剥かなくてもよいとの事だが、剥いた方が食感がよさそう)

IMG_2595.jpg
無理に剥くとゼラチン質部分まではがれてしまうことがある(丸の部分)

IMG_2596.jpg
右がうまく剥けた薄皮

IMG_2588.jpg
うまく剥けた本体。

IMG_2589.jpg
いろいろな色や表面の違いがある。右がつるつるぷりぷり。左はごそごそ、下はごそごそかつ固い。左と下は廃棄

IMG_2591.jpg
仕分け完了


★味噌汁

IMG_2599.jpg
クリタケ、ムキタケ、大根、里芋、ネギを入れて煮る(キノコは下茹で5分茹でこぼししたものを使う)本当は豆腐とねぎとキノコにしたかったが、豆腐在庫切れ。

IMG_2598.jpg
半自家製味噌。粒が多少目立つのはご愛敬。人力で大豆をつぶすのはかなりの重労働。昨年秋に仕込んで、今年の10月まで寝かせたが、高温が続いたためかかなり発酵が進んで黒っぽくなっている。8月後半で冷蔵庫に入れてしまえば白い味噌となる。半が付くのは材料を準備してもらったため。

IMG_2601.jpg
自家製味噌とダシを加えてひと煮たちして完成


★きのこの保存

IMG_2604.jpg
ビニール袋に入れて冷凍(生のまま)

IMG_2603.jpg
近日使用予定は下茹でして冷まして冷蔵庫保存
nice!(0)  コメント(0) 

蔵王山麓で味噌の仕込みとキノコ採り [観光]

2022年11月7日 曇り
山形県の蔵王温泉で味噌を仕込み、キノコ狩りを楽しんだ。(11月6日の記録)

キノコ狩り
といっても味噌を仕込んだ午後、近くの沼の周囲の散歩道を歩いてキノコを探す程度。近所の人が日ごろ入っているので落穂ひろい的。取れたのは「クリタケ」「ナタラケ」「ムキタケ」

IMG_2560.jpg
切株のクリタケ(道から少し入った切株の道から見えない側に、半分落ち葉をかぶっていた)

IMG_2561.jpg
クリタケはヨーロッパでは毒キノコに分類されているらしいが、日本では食用。ただし、生では毒があるという記述もある

IMG_2562.jpg
クリタケに似た、たぶんニガクリタケ、押しも押されもしない毒キノコ。クリタケと間違えての死亡例あり

IMG_2563.jpg
これ、なんだろうか。うまそうにも見えるが、怖いので取らず

IMG_2564.jpg
ムキタケ。この写真はまばらだが、びっしり生えている場合が多い。ただしびっしり生えていると喜んで夢中で取ってしまうので、写真が残らない。似ているキノコにツキヨタケ(毒)がある。中毒例多数との事。

IMG_2569.jpg
クリタケを塩水で虫だし

IMG_2570.jpg
洗ったムキタケ。ツキヨタケが混じっていない事を祈る。11月に入ってからの採取なのでツキヨタケは無かろうと思うが、気候がおかしいので従来の常識に頼ってよいか不安になる。落穂拾いでも、日ごろ鍛えた藪の突破力と泥壁の登攀力を駆使したおかげで、近所の方々が近づけない場所からの採取。

採取キノコは「きのこアドバイザー」の方に確認いただいたので、たぶん大丈夫だろうと思う。その方は「山菜アドバイザー」の資格も保持されているすごい方。

蔵王の紅葉
IMG_2566.jpg
蔵王の山頂付近は雪で白かったが、麓は色鮮やかな紅葉だった。山腹も上部の葉はすでに散っていた。

味噌つくり
材料はすべて準備していただき、こちらの作業は以下の通り
1.味噌用米麹と塩をよく混ぜる
2.茹でた大豆をつぶす(足踏み式)
3.つぶした大豆と「1」と水少々をよく混ぜる
4.桶(プラスチックバケツ)に入れる
5.空気を抜いて重し(塩袋)を乗せる
6.桶を段ボールに入れる。
以上で仕込み終了、約2時間の作業。
それを持ち帰って発酵のため一夏を室温に置く
この味噌の特徴は、大豆1に対して味噌用のコメ工事を1.8倍入れる事。一夏で発酵し、途中の拡販もいらず、甘みのある減塩味噌ができる事。ここ3年はこの味噌を食べている。

天栄村の「たむや」
IMG_2568.jpg
帰路立ち寄った天栄村のたむや。ざるそばを食べたので名物の天栄ネギみそピザを注文できず。来月もこちら方面に予定があるので楽しみに。うどんと蕎麦がメインだがてんぷらもおいしく、仕事が丁寧。入って左に長テーブルが一つで8人掛け。右にカウンターと通路を挟んでキープなのか酒瓶が多数。国道294号線と118号線の交差点角にある。すべてのメニューを食したいと欲す。

帰りは頑張って下道を、米沢-喜多方ー白河ー那須経由で帰宅。那須岳は雲をかぶっていたが、その雲間からは白い山肌。
nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -