SSブログ
前の5件 | -

コナラの切り株に座ってみる [日和田山]

2021年1月18日 晴れ -2℃
前回通り過ぎたコナラの切り株に今日は腰かけてみた。南斜面の暗い雑木林の切り株に腰かけてヘッドライト消せば、自分がその木になって林に溶け込んだような錯覚に陥る。

P1187773.JPG
この木は日和田山の前山でも最も太いグループ。年輪を数えればおおよそ1964年生まれの56才。年輪間隔は1980年から1988年が特に密で、1995年ぐらいから疎になってくる。このあたりの過去の気温はわからないが、気象庁の「日本の年平均気温偏差の経年変化」を見れば、小学校で教えられたとおり、年輪の間隔と気温が一致していることを改めて確認できる。

日本の年平均気温偏差の経年変化(1898〜2020年).jpg
出典:気象庁HP(https://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/temp/an_jpn.html)日本の年平均気温偏差の経年変化(1898〜2020年)

今朝は寒かったけれど、1週前の最低気温は―6℃。今期はこれが最低気温だろうと思われる。気象庁の長期予報でも、寒いのは今週までで、月末に気温が上がり、以降は例年並みとなっている。例年の気温は1月が最低で、以降緩やかに上昇する。感覚的には2月が一番寒いと思っていたが、風に寄るものかも知れない。しばらく訪れていない冬の笛吹川も、今週末には氷が緩んでしまいそうだ。

nice!(0)  コメント(0) 

怖いランナーとの遭遇 [日和田山]

2021年1月15日 晴れ 0℃
先日報告した立ち枯れの樹木が伐採されていた。「市民の森-日和田山環境ボランティア」の仕事であろう。この状況下でも森の手入れを行っているようだ。

P1147770.JPG
新しい切株

緊急事態宣言下、外出自粛が要請されているが、日和田山詣では健康維持&登山体力維持のために必要と考えている。朝4時30分前に出発すれば殆ど人に会わなくて済むので暗いが早起きする。4時50分を過ぎると行くのを諦める。これが私の三蜜対策だ。

出発から帰宅までおおむね1時間20分ほどなので、出発が4時30分を過ぎると山中で「日和田山ヘッドランプの会」の方々(4人ほどの誰か)と遭遇する確率が上がる。また帰宅時に、散歩の方、犬の散歩、ジョギング/ランニングの方と遭遇する機会も増す。怖いのは冷え込んだ無風の日に、ランナーに出遭う事。激しい息で走ると、その軌跡には白い息が飛行機雲のように帯状に滞留している感じがする。自転車は早いので、その息が拡散する前に結構長くある距離息の帯を浴びてしまう。もちろん息せき切って登る登山者の後追い、すれ違いも同じ。なので寒くても早起きは重要だ。

本日入院前に奥武蔵を歩こうと計画したが、月曜の術前PCR検査を無事に通過できるようにと家人に止められた、今日は他粛?
nice!(0)  コメント(0) 

緊急事態宣言に申し訳なくも日和田山 [日和田山]

2021年1月12日 曇り 0℃
日和田山は正月も去って静寂が戻る。年末年始、三連休とそれなりに登山者が多かったと見えて登山道がやや荒れていた。

P1127761.JPG
新しいしめ縄の二の鳥居

P1127762.JPG
新しいしめ縄の拝殿。8日はまだ両脇に榊が備えてあったが、正月が終わってしめ縄だけが残っている。賽銭箱は殿内にあるので、中央格子下部の横桟の間から

P1127767.JPG
たまには神様目線で拝殿から町の眺め

日本海側は大雪だが内陸の山々は小雪で冷え込みが強く、近年稀なアイスクライミングに最適なシーズンとなっているこの冬、残念ながらこの肩ではアックスが振れない。せめて雪を踏もうと計画したが緊急事態宣言が出てしまった。ホームページをよく読むと埼玉県は越境自粛となっていた。長野県は宣言発令地域からは来訪自粛を要請していた。残念だがここは自粛しなくてはならない。不思議なことに埼玉県以外の一都二県では越境自粛の文言がない(報道も越境自粛を言ってない)。前回より市民もそうだが行政も真剣みがないような気がする。状況は前回より格段に悪いのにも関わらず不思議。山岳関連団体も今回はあらためて何も発言していない。そういう私も不要不急外出自粛要請の中、だれにも会わない時間帯とはいえ筋力維持のため日和田山には時々行っている。

緊急事態宣言の解除と肩の回復、果たしてどちらが先になるだろう。その時山の雪はどうなっているのだろうか。
nice!(0)  コメント(0) 

金刀比羅神社に初詣 [日和田山]

2021年1月8日 晴れ -4℃
7日を過ぎるともう正月気分は無く、早朝の日和田山は静か。細くなった有明月の明かりでも落葉樹の森は明るく、ライトも不要なくらい。今度の新月が明ければ夜明けが少しづつ早くなり始める。

P1087759.JPG
二の鳥居から有明の月

埼玉にも再び緊急事態宣言。今回は越境自粛は無く、不要不急の外出自粛も20時以降となっている。越境登山に何も制限はない。宣言エリア外の県では「都道府県をまたぐ移動は、基本的な感染防止策を徹底」となっているので、やはり登山には何の影響もないと考えられるが、本音は首都圏からの越境登山は有難迷惑なんだろうと思うのが自然だろう。まして遭難はご法度だ。

コロナ第三波は若者中心に感染が広がっているが、若者は軽症なので自粛機運にないことが大きな要因と報じられている。確かに若者にとっては怖くないので、自由にふるまえるのだと思うが、その結果年配層に重症者や死者が増えて「緊急事態宣言」となり、それが長引くほど経済活動に支障が出て、会社業績が落ち、ボーナスがなくなったり、希望退職者を募ったり、最終的には解雇あるいは倒産で職を失うことになる。現にすでに成人式は影響を受けたし、受験生には大きな負担。非正規社員は解雇され、再就職先もない。内定の取り消しがあったり、学生のアルバイト先も減る。病気としてのコロナは怖くなくても、社会経済現象としてのコロナが、結局若者(自分自身)にも降りかかってくる災難だと気が付いていないのだろうか。(コロナに罹患された方が悪いと言っているのではない)
nice!(0)  コメント(0) 

肩腱板断裂(棘上筋腱完全断裂)経過記録 1/18追記 [怪我と治療]

★2021年1月6日
今年は春から縁起が悪い。昨日整形外科での検査と診断に行ってきたが、結果は「切れてるね」との事で、MRI画像で説明を受け、レントゲンの画像で「骨に加齢による変形が出始めているね」と言われた。色々考えた結果手術を受けることにした。 経過はこのブログのこのページに上書きする。興味があればご覧ください。
病院は今立て込んでいるが、運よくキャンセルで空いている日があるとの事なので、入れていただく。2週間後。全身麻酔で実施。
事前準備として
追加検査
 1.胸のレントゲン写真
 2.心電図
 3.生理検査(血液検査、尿検査)
健康観察記録(コロナ対策)
 4.検査日2週間前から当日まで毎日の検温と体調記録(コロナ症状の有無の確認と朝晩の検温)
 5.入院2日前にCPR検査
詳しい診断は聞いていないが見せられた資料から4っの肩腱板(棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋)の内の棘上筋。
入院は約1週間。完治には6か月ほどかかるだろうとの事。完治の意味は、元通りになるのかといえばそうではなく「元通りになる挑戦権を得る」事。この期間、ちょっと重症なのかもしれない。
順調に経過しても山に行けるとしたら秋になってしまう。せっかく年間計画を立てたのだが、すべて見直す必要がある。こんなに寒い冬を棒に振るのが誠に残念だ。なお。右肩はすでに上腕二頭筋長頭筋腱が切れてしまっている(切れちゃてても平気だよとの医師のアドバイスにより手術せず)ので、ボロボロだ。
★2021年1月18日 追記 PCR検査

IMG_2701.jpg
検査キット

術前PCR検査、指定時間に行ってみれば10名を超える人。人によって要する時間がいろいろだが、平均一人3分ぐらい。
必要なものは 1.診察券 2.PCR検査同意書。 受付に出すと引き換えに検査試薬(氏名印刷済み)と長い綿棒の入ったビニール袋を渡され、採取手順の説明がある。名を呼ばれたら二重扉の採取室に入って採取者にビニール袋を渡して名前を言う。
椅子に座ってマスクから鼻を出して上を向くと、ぐいぐいと綿棒を鼻に入れられてかき回され、這い終わりましたと声がかかるので部屋を出てそのまま帰宅。支払いなどは後日となり、検査室に立ち寄って帰宅するのみ。

陽性なら保健所に通報され、手術は延期される。 陰性なら連絡ないので予定通り入院する。

nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -