So-net無料ブログ作成
奥多摩周辺 ブログトップ

青岩谷から雲取山 [奥多摩周辺]

2019年9月19日 曇り
奥多摩後山川青岩谷は癒し系の沢で殆どが登れる小滝、水線に拘って登った。二股は右に入り雲取山山頂を目指した。

P9195880.JPG
青岩谷橋から入渓して少し進むと癒し系

P9195889.JPG
水流に沿ってなるべく楽しくなるようなルートを探す

P9195898大滝.JPG
大滝、右のガレから高巻いた。

P9195900ザレ上部の表示.JPG
ガレ上部に札が「国立公園特別区につき無許可の残置ロープは違法となりますので今後関係各所に通報します」

P9195943巻いた滝.JPG
両岸つるつる、釜を泳げば水流に取り付けそうだがヘツリは無理、これは巻き

P9195944二俣.JPG
二俣を左に

P9195948ゴルジュ.JPG
きれいなゴルジュがお出迎え、楽しい

P9195952滝8m.JPG
8m滝、苔むした右壁を登ったが出口下でファイト一発が必要、外傾スタンス+手のひらフリクション

P9195957_1530m右俣の二股。左が頂上直下だった.JPG
二俣を水流沿いに右に入ったが、雲取山山頂はここを左が正解

P9195959快適.JPG
傾斜は急だが順層でなかなか楽しい滝が連なる

P9195962廃道が横切るが無視して右に回り込むが左の尾根に取り付いた方がよかった.JPG
廃道が横切る苔滝、右から巻いたが、左の尾根に廃道から取り付いた方が良かったかも

P9195965ここから藪漕ぎ.JPG
ここからひざ下笹漕ぎ、獣道を頼ったが、直登の方が早かったようだ

P9195970登山道下の廃道に出る.JPG
稜線直下で廃道に出る。登っている右に進む

P9195973山荘への巻き道分岐.JPG
すぐに雲取山荘巻き道分岐に出た

青岩谷の「青」は緑の苔ではなく、岩から来ているのではないかと思わせる緑の岩が多くあった。沢は小滝がほとんどだが、そのわりに釜が大きく深い。谷が広いので巻くというよりは脇に逃げるといった感じなので、無理しなければ水に触れずにほとんど通過できるが、面白さを求めて積極的に取り付いた。フェルト底だがフリクションが比較的良く楽しめた。真夏なら釜に入ってさらに楽しかっただろう。写真では登れそうだった大滝は、即巻きを決めた。8m滝は登れたが、コケで覆われスタンスを探すのに苦労。何度も靴底でこすったが外傾していていまいち確信が持てず、ホールドは固いが指がかからずバランスをとるのみ。次のスタンスも傾斜。思いきるまでが長かった。

ログ
青岩谷ログ.jpg
片倉谷橋(6:30)-青岩谷橋入渓点(8:00)-大滝(9:00)-獅子岩谷出合(10:30)-1400二股(11:00)-1530付近二股(11:50)-登山道(13:00)-雲取山山頂(13:30)-三条の湯(15:30)-片倉谷橋(17:30)
nice!(0)  コメント(0) 

甲州アルプス 小金沢山と牛奥の雁ヶ腹摺山 [奥多摩周辺]

2017年10月21日 雨
麓はカラマツの紅葉、稜線は背の低い笹原が良い。

小屋平バス停下車は2名のみ。
DSCN5146.JPG

稜線は笹原
DSCN5149.JPG

大菩薩嶺との分岐
DSCN5152.JPG

小金沢山 この靄の先には富士山があるそうだ
DSCN5155.JPG

牛奥ノ雁ヶ腹摺山
DSCN5156.JPG

分岐
DSCN5160.JPG
山頂から、地図では丁字路だが実際はY字路で間違えやすそう。国土地理院には載ってないルートだが昭文社ではメインルート、川胡蝶沢の頭からの下山路は廃道か?

すずらん昆虫館前バス停への道上部は倒木だらけ
DSCN5161.JPG

雨なので中止と思われた山行が企画者の強い意向で実施され、辞退者が出る中物好き2名で行ってみると、貸し切りのルートで静かな山行が楽しめた。雨も大したことはなく、しっとりした紅葉もまたよく満足な山行となった。 石丸峠から大菩薩嶺への笹が続くみちも魅力的に見えた。
nice!(0)  コメント(0) 

高水三山 [奥多摩周辺]

2016年11月12日 快晴
友人たちと秋を探しに高水三山。

登山道入り口
IMG_426201.JPG

すすきの尾根
IMG_426402.JPG

高水不動の境内
IMG_427003.JPG

紅葉に不動尊に狛犬
IMG_427104.JPG

尾根を越えたら
IMG_427605.JPG

川苔谷 逆川 [奥多摩周辺]

2015年6月13日 晴れ/曇り
梅雨の合間を縫って沢に行った。

逆川出合い
02右が逆川.JPG

3+7mの滝。手前の滝が滑って手ごわく、奥の滝出口はホールド少なくやや緊張
03最初の3+7m滝.JPG

たっぷり泳げる淵
033.JPG

突っ張る
05突っ張る.JPG

これも突っ張る?
055.JPG

浸かる
06泳ぐ.JPG

へつる(お助けシュリンゲの滝)
07お助けの滝.JPG

3段10m、出口のツッパリが突破のポイント
08樋状3段10m.JPG

川乗橋ではたくさんの人だったが、沢に入ったのはわたしたちだけ。人気の沢が貸し切り。初級の沢だが水線突破を試みると小さい滝が結構手ごわく、面白かった。釜に浸かっても寒くない時期に真価を発揮する。鳩ノ巣駅前の屋外テーブルで飲む生ビールが病みつきになりそうだ。「缶ビール」という看板が目立つが、生ビールもあるので勘違いしないように。煮物とキムチがお勧め。
タグ:生ビール

奥多摩 真名井沢 [奥多摩周辺]

奥多摩の真名井沢に行ってきた。 初心者向きではあるが、水線にこだわって遡行すればそれなりに楽しめる沢だ。 登りかたにこだわらなければ沢衣装とヘルメットだけでよいだろう。 とはいえ、私自身はどんなに簡単な沢でも一応一そろいは持参する。 今回20mロープを持参。 落石で切断された50mロープの片割れである。 

入渓点は林道のヘヤピンカーブの「とりがや橋」なので明瞭。 判断に困る枝沢はない。 詰めは上部二俣の少し先で、判断しにくいが、さらにその上の二俣まで詰めればそれ以上は倒木で沢床が見えないほどになるので3mほどの滝を1つ下った辺りから左の支尾根に上がれば、赤杭尾根のコル1100mからすこし下った登山道に行き当たる。 コルまでちょっと上り返すと、大きな木の下が良い休憩場所で、着替えに最適。 沢は他に3人パーティー1組、赤杭尾根では単独行者2名と会った。 実は二俣ちょっと上で尾根への上がり場所を探していて30mほど先に熊を目撃。 怖くて支尾根への取り付きが遅れ奥まで登った。 楽をしたければ二俣から即支尾根に上がれば良いだろう(小滝が数本楽しめなくなるが)。

夏はシャワークライミング
CIMG4482.JPG

魚止めの滝(中間にハーケン1本あり)
難しくはないが、中間の一手が細かくぬめっていて、スタンスも外交してちょっと嫌らしい
魚止めの滝.JPG

水流を避け、右下から大岩下を滝芯に移ろうとしたが、足が滑って滝つぼに落ちた。
深いが小さいので危険はない。 びしょぬれになったがぐっと涼しくなった。
ドボン.JPG
タグ:
奥多摩周辺 ブログトップ